by ryou

無料で快適なWordPressエディタ Kaku

以前MarsEditを使用してWordpressのブログを更新する記事を書いたのですが、結局あれからブログを書くこともほとんど無かったのでMarsEditの有料版は買わずに今日まで来てしまいました。

ブロガーってわけでもないので、4,000円出すのもなんとなくもったいなく感じて他のエディタを探した所

Kaku

このKakuというエディタを発見しました。

今回はこのエディタについて書いていこうかと思います。

メリット・デメリット

メリット

  • 無料
  • Markdownが利用できる。(自分はWordpress側にMarkdownのパーサープラグインを導入してるので今回は利用せず。)
  • WordPress対応(カテゴリやスラグ等も設定可能。残念ながら記事のアイキャッチ画像は設定できない模様)

デメリット

  • MarsEditと違ってflickrには対応していない。
  • アップデートが止まっており、Mavericksでは、マウスホイールで画面をスクロールできなかった。

利用方法

今回はWordpressとの連携方法を紹介

ダウンロード・インストール

公式ページよりdmgをダウンロード&インストール

起動・環境設定

起動し、Kaku > 環境設定の「アカウント」タブを設定。

XML-RPCエンドポイントには

http://あなたのワードプレスURL/xmlrpc.php

を入力してください。

以上

後はなんとなく使い方はわかるかと思います。

おまけ

Kakuのデータをクラウドで管理

記事データや画像データはローカル端末内に保存されるのですが、そのままだともちろんローカル端末に異常が出た際にデータも一緒にぶっ飛んでしまいます。

基本的に自分はこういうデータはDropboxやSkyDriveのフォルダ内にシンボリックリンクを貼ってクラウドと同期することでこのリスクに対応しています。

今回の場合は、ホームディレクトリにクラウドと同期しているSkyDriveディレクトリがある前提で、

# 先に
# ~/SkyDrive/kaku_data
# 内に
# ~/Library/Application Support/Kaku
# 内のデータを退避しておく
rm -rf ~/Library/Application Support/Kaku
ln -s ~/SkyDrive/kaku_data ~/Library/Application Support/Kaku

でOKです。

追記

実際に使用して記事を何件か投稿してみたところ、どうやらインデントが反映されないという事実が発覚…これはちょっと実用は出来無さそうですね。

無理にエディタを使わずにWordpress管理画面を普通に使うほうがいいような気もしてきました。