by ryou

[Mac]Dropbox+シンボリックリンクで設定ファイル共有がすごい便利って話

職場と自宅で違うMacを使用している場合、どちらか一方で便利な設定等を見つけて適用した場合、イチイチ同じ作業をもう片方の環境でもしないといけなくて非常に面倒だってことがDropbox+シンボリックリンクで無くなりました。
もうタイトルだけで何の話かわかる人が多いかと思うのですが、自分は結構最近(4ヶ月くらい前)までこの発想が無かったので備忘録代わりに書き残しておきます。

概要

ソフトの設定がファイルとして管理されている場合、その設定ファイルをDropbox内の任意のディレクトリに配置し、本来設定ファイルを置くべき場所にはシンボリックリンクを貼る。
何の拍子にDropbox内のファイルを消してしまう(消えてしまう)かわからないので、自分は上記に加えてgit管理もしています。

実例

Sublime Text 2

SublimeText2では環境設定ファイルとキーバインディングファイルの2つを共有しています。

設定ファイルは「~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 2/Packages/User」ディレクトリ内の

  • Preferences.sublime-settings
  • Default (OSX).sublime-keymap

の2つなので、

#長ったらしいパスを複数回打つのは面倒なのでSublimeText2の設定ファイルが本来あるべきディレクトリに移動しておく
cd ~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 2/Packages/User
# ~/Dropbox/Settings/SublimeText ディレクトリ内に元データを配置する場合
ln -s ~/Dropbox/Settings/SublimeText/Default\ \(OSX\).sublime-keymap Default\ \(OSX\).sublime-keymap
ln -s ~/Dropbox/Settings/SublimeText/Preferences.sublime-settings Preferences.sublime-settings

のようにすれば完了です。

Kobito

Kobitoは設定ファイルでなく、Kobitoで書いたデータを共有するのに使っています。

データファイルは「~/Library/Kobito」ディレクトリ内の

  • Kobito.db
  • Kobito.db-shm
  • Kobito.db-wal

の3つを共有する必要があるみたいなので

# ~/Dropbox/Settings/Kobito ディレクトリ内に元データを配置する場合
ln -s ~/Dropbox/Settings/Kobito/Kobito.db ~/Library/Kobito/Kobito.db
ln -s ~/Dropbox/Settings/Kobito/Kobito.db-shm ~/Library/Kobito/Kobito.db-shm
ln -s ~/Dropbox/Settings/Kobito/Kobito.db-wal ~/Library/Kobito/Kobito.db-wal

のようにすれば共有完了です。

まとめ

以上のように設定ファイルをDropboxの共有フォルダに配置した上でシンボリックリンクを貼るだけで簡単に設定ファイルの共有が可能なので、もしまだ試したことがない方は是非一度。